精神病診断を受けて手当をもらおう【診断を受けて1度休む】

サイトメニュー

患者とのかかわり方

ハート

生活習慣を改善する

病院で精神病診断を受け、うつ病を発症していることがわかると、家族や仕事仲間などその人に対してどう接すればよいのかわからなくなることもあります。気を使わなければならないのはわかっていても、どう気づかって良いのか、どのような言葉を発したら良いのか又は発してはいけないのかわからず、周囲の人まで精神的に悩まされることもあります。普段は元気で明るく過ごしていた人が、最近元気もなくマイナス思考な発言を繰り返し、作業するにもやる気を失った状態が続いたことで、もしかするとなんらかの病気にかかっているのではないかと病院で診てもらうこともあります。しかしそこで精神病診断を受け、いざうつ病にかかっていると医師から告げられたとき、周囲はさらに不安を抱えてしまうことがあります。この場合、医師に患者とどう接すれば良いのか相談をするのも良い方法です。しかし医師によっては、ちゃんと相談を聞いてくれる人もいれば、あまり聞いてくれない人もいます。聞いてくれなければ患者にかかわる人はさらに不安を感じてしまいます。あまり話を聞いてくれない医師と出会ってしまった場合は、病院を変えるのも1つの手段となりますが、なかなかそれができない場合は役所に無料相談を受け付けてくれていることもあります。そこで話をすることで、カウンセラーを溶解してくれることもありますし、直接アドバイスをしてくれることもあります。精神病診断からうつ病だとわかったとき、発症した患者本人はもちろんですが、周囲の人からも病院の治療だけではなく、早めに治すための対策に入ることが大切です。その方法は、生活習慣の改善です。仕事など夜遅くまで働いている人もいるため、人によっては生活習慣を改善させていくのはなかなか難しくなっている時代でもあるかもしれません。しかしうつ病を発症した人の多くは、生活習慣が大きく乱れていることもあるため、少しでも改善させることが必要です。また生活習慣が乱れていなくても、食事がとれていないこともあれば、ちゃんと睡眠をとることができていないこともあります。うつ病になれば、なかなか食事をとることができない場合もあれば逆に過食になってしまう場合もあります。食事をとれないとき、無理して食べるのは難しいことです。それでも、少しでも食べられるように、スープや野菜ジュースなどのような消化に良いものを摂取できるようにすることで少しずつ改善させることができます。ほかにも睡眠がとりにくくなっている場合は、神経が緊張している状態になっている可能性があります。神経をほぐすのにはアロマやハーブを利用すると効果的といわれています。病院で精神病診断を受けてから、薬物療法やカウンセリングなどの治療が開始されます。それと同時に、患者の生活習慣の改善を少しずつ取り入れることで、症状の減少が早くなることもあります。