精神病診断を受けて手当をもらおう【診断を受けて1度休む】

サイトメニュー

病気になる可能性を調べる

男の人

精神病の病名を付ける

キッカケから名付けられた病名の一つにうつ病があり、引っ越しうつや、昇進うつなどが代表的なものです。精神病診断において、うつ病という診断に至るまでには何らかのキッカケがあるため、精神科では、患者から身の上話を聞くことを怠りません。誰でも、環境が変わったり、親しい人との別れを体験したりした時、一時的に気持ちが沈み込んだ状態に陥るものです。このように、うつ病のキッカケは、多かれ少なかれ、誰もが体験することです。それが深刻なうつ病に移行してしまうのには、何が関係しているのかと言えば、性格も発症に繋がっています。精神病診断では、患者の性格に着目し、うつ病になりやすい性格であれば、その特徴も含めて、接頭語にうつ病を付けた診断を行っています。例えば、代表的なのは、真面目で几帳面で完璧主義な性格の人がかかりやすいとも言われています。人一倍活発に仕事をし、大きな仕事をやり遂げたあとに生じることがある、荷おろしうつ病であると精神病診断の結果で病名がつくこともあるようです。仕事熱心で責任感が強い、などの性格的傾向があれば、状況によってはうつ病が発症しやすくなるようです。もちろん、かかりやすいからと言って、性格だけが原因と言い切れるものではありません。そのため、精神科や心療内科では、精密検査まで行い、患者に適した治療計画を立て、早期治療で短期での完治を目指してくれます。精神病診断でうつ病と言われるには、精神科を受診し、様々な検査を行います。しかし意外にも、すべての患者に検査を行っているわけではありません。個々の状態によっても、必要な検査は異なるので、何のために必要なのか不安という場合には、医師にその目的を聞いてみることも大切です。血液検査と尿検査は、体の全身状態を知るために行われます。うつ病で食欲が極端に低下してしまうと、栄養状態が悪くなったり、治療で薬を飲んだりした場合、肝機能に問題が出れば、服用できる薬の種類も限られるため、こうした問題がないかをチェックするために行われる検査です。また、脳波を調べることも余り周知されていませんが、脳や体の他の病気が原因で、うつ状態になっている可能性があるかどうかを識別するために有用と言われています。精神病診断では、心理学的検査として、ある型式にのっとった問診をしたり、自記式アンケートを実施したりすることがあります。また、患者について深く知るためにも、性格検査や心理検査などをすることもあるようです。他にも、高齢者のうつ病の発症も報告されるようになり、紛らわしい病気となる認知症との区別、間違いない診断のために、記憶や計算力などに関する検査を行うこともあります。