精神病診断を受けて手当をもらおう【診断を受けて1度休む】

サイトメニュー

クリニックで異なる治療法

聴診器

様々な治療法がある

精神病診断でうつの疑いがあるとされた場合は、精神科や心療内科といった外来で通院するという方法で治療を受けることとなります。しかし、中には、入院治療が必要な場合もあります。入院すると、外界との関わりをある程度遮断することになります。仕事や人間関係などの影響を上手に断ち切ることができず、十分な休息が取れない、こうした精神病診断を受けた患者が、入院治療を行います。また、クリニックの治療方針によっては、家族のみ面会可能にし、友人や会社関係者などとは、関わりをもたないほうが良い場合があり、面会制限を行うケースもあるようです。外来では主に、担当医や担当のカウンセラーと関わるだけですが、入院治療となれば、臨床心理士や薬剤師などの専門医と関わる機会が増えます。それぞれが、患者の状態がよくなるよう状態を知ったり、症状の全体像や変化を把握するために関わり、専門性をもって治療に臨んだりしています。また、入院したほうが行いやすい治療として、電気けいれん療法や電気刺激療法などがあります。特に、電気けいれん療法は、麻酔をしてから実施したほうが安全であり、入院してから行いたい治療の一つです。さらに、入院している間は、血液検査だけでなく、心理検査などのより詳細な検査を受けられるのも特徴です。本当の意味での休息、心身ともに休養する環境が入院での治療になります。精神病診断の結果、うつ病だと判明したら治療が行われますが、最近はどの精神科や心療内科でも、治療について丁寧に説明をしてくれます。ただ、精神病診断の説明が理解できなかったり、納得がいかなかったりすることもあるものです。ちょっと難しかったぐらいであれば、担当医に質問し直してみることで、今度は医療用語を使わずに説明し直してくれるでしょう。しかし、精神病患者にとっては、選択する治療そのものに不安を感じる場合もあるようです。その際、セカンドオピニオンを求めてみるのも一つの手です。精神科医にも、得意な治療法がありますし、一つの症状に対しても、医師によってベストと考える治療法が違うことがあります。選んだ治療法について、メリットデメリットを説明してくれるので、比較することができ、自分の症状への理解も深まるはずです。セカンドオピニオンを受けることで、相性のよい医師と出会ったり、もともと精神病診断をした医師との信頼が深まったりすることもあります。受ける際、担当医に告げなくても構いませんが、伝えれば、資料を貸してくれます。このことに理解をしない医師や病院であるならば、よい医師ではないと考えたほうがいいでしょう。また、チェック項目として、色々な治療法を提案できるように、医師や看護師だけでなく、作業療法士やアロマセラピストなどの職種を配属している病院であるのか、こうした点も着目しておきましょう。